real estate menu left
real estate menu right
real estate company logo

バイナリーユーザー調査

一番お気に入りバイナリー取引オプションは?
 

人気投票No1

バナー

デモトレードとリアルトレードは同じだけど全然違うもの PDF 印刷 Eメール

最近では多くのFX業者が新規ユーザーのためにデモ口座を用意しています。


デモ口座はデモトレード専用の特殊な口座。バーチャルマネーを用いて取引を行うため、どれだけ損失を被ろうが一切実害はありません。しかも実際のトレードとほぼ同じ取引環境が整っているため、安心してFXトレードの雰囲気を体験することができます。取引プラットフォームの操作性を試す際にも大変重宝します。



FXに興味はあっても、やはりいきなり自分の資産を投資に回すのは勇気が要ることです。気軽にFXの世界に入門できるデモトレードは、FX初心者に最適なサービスと言えます。


デモ口座を活用するうえで最も重要なことは、トレードスキルを磨くことに他なりません。FXトレーダーに必要不可欠な相場観・投資の感性は、実際に市場に参加してトレードを行ってみなければ絶対に身に付きません。時には予期せぬ高騰・暴落に巻き込まれて大損失を被ることもあるでしょう。


その経験すべてが投資家にとっては貴重な財産であり、自身のトレードの精度を高めるための礎となります。


しかし、リアルトレードでの損失はあまりにも授業料として高すぎます。何十回、何百回と初歩的なミスを繰り返していたら、トレードスキルを習得する前に軍資金がなくなってしまうことでしょう。その点、デモトレードなら失うのは時間だけで済み、無駄な資産の減少を防げます。


ある程度デモトレードで勝つコツをつかんだ方は、大いに自信を持ってリアルトレードに臨むことでしょう。けれども、やはり初心者はなかなか思うように勝てなくて苦労を強いられるのが実情です。何故デモトレードでは勝てるのにリアルトレードになった途端に感覚が狂うのでしょうか?


デモトレードとリアルトレードとの最大の相違点は、本物の金を賭けていることです。上手くいけば大儲けできますが、下手をすれば自分のお金を実際に失ってしまいます。テレビゲームのようにやり直しはできません。頭では分かっていても、その緊張感は確実にトレーダーの精神を圧迫し、判断を迷わせます。


本来であればもっとじっくり待って利益確定すればよいのに、トレンドの反転を恐れてすぐに決済。早くロスカットしなければならないのに自己資産の喪失を嫌がって躊躇し、気が付けば取り返しのつかないほど含み損が拡大。どちらも初心者にありがちな失敗例です。


失うものがないデモトレードでは損小利大の理想的なトレードを簡単に実践できますが、失敗の許されないリアルトレードでは損大利小の悪循環に陥ってしまうのです。常に冷静さを保つのはとても難しいことです。


これを防ぐためには、リアルトレード特有の緊張感に慣れるしかありません。したがって、デモトレードを卒業してリアルトレードに移行する際は、まずは少額投資から始めて少しずつ取引枚数を増やしていくことをお勧めいたします。1000通貨程度の取引量であれば、万一相場の急変動に巻き込まれても大損失を避けられます。


リアルトレードのプレッシャーは、投資額が増えれば増えるほど重くのしかかります。厳しいことを言うようですが、人によって耐えられる緊張感は異なるため、様々な取引枚数を試しながらトレーダーとしての自分の才能の限界を知ることが大切です。世の中には平気で100万通貨以上もの巨額のトレードを日常的に行っている方もいますが、無理に張り合う必要などありません。自分らしく在ることが大事です。


人間の成長には必ず失敗という痛みが伴います。ある程度の損失は投資の一部と割り切って考えるべきです。一度に全資産が吹き飛ぶような致命的なダメージさえ回避できれば、ロスはいつか取り返せます。前へ進むために失敗を恐れない勇気を持ちましょう。

 


All Right Reserved to: ZipangBinary.com