real estate menu left
real estate menu right
real estate company logo

バイナリーユーザー調査

一番お気に入りバイナリー取引オプションは?
 

人気投票No1

バナー

レバレッジ規制が投資家にもたらす影響 PDF 印刷 Eメール

FXは非常にゲーム性の強い投資活動です。金融初心者でも儲けられるチャンスは十分にありますが、運任せの賭けを続けていると瞬く間に資産を大きく喪失してしまうリスクもはらんでいます。


そのため、金融庁は投資家の保護・適当な投機の防止を目的として、レバレッジ倍率を制限する「レバレッジ規制」という法律を導入しました。



2010年からは最大レバレッジ倍率が50倍まで、2011年からは25倍までと定められ、個人トレーダーの過剰投資が抑制されることになりました。ほとんどレバレッジを利用していないトレーダーにとってはどうでもいい話ですが、ハイレバレッジを多用しているトレーダーにとっては由々しき問題です。


それまで稼げていた利益が急に半分以下になってしまうため、FXの利益で生活している方の目には「まったく無意味な規制」に映ることでしょう。


今後さらにFX業界に投資金を制限する規制案が導入される可能性も否めず、今のうちに儲けておこうと躍起になるトレーダーも少なくありません。


しかし、レバレッジ規制に振り回されて自分の投資スタイルを崩すのは非常に危険です。FXトレードは、日々刻々と変化する為替レートに合わせて臨機応変に対応することこそが重要です。自分がトレードしている時間帯に都合よくおいしいトレンドが発生する保証はありません。


焦って無理をすると、本来防げていたはずの損失を抱えてしまう可能性があります。「今、稼ぎたい」という投資家の自分本位な願望が通用するほど甘い世界ではないのです。


買いのシグナルが出れば買い、売りのシグナルが出れば売る。FXトレード自体が世界の変化に合わせて行動することを余儀なくされている作業であるように、投資家はレバレッジ規制におとなしく従うしかありません。私たち一般トレーダーは、定められた規制倍率の中で稼いでいく方法を模索していく必要があります。

 


All Right Reserved to: ZipangBinary.com