real estate menu left
real estate menu right
real estate company logo

バイナリーユーザー調査

一番お気に入りバイナリー取引オプションは?
 

人気投票No1

バナー

高確率の取引を小額の取引金額で行い、少しずつ資金を増やしていく戦略 PDF 印刷 Eメール

バイナリーオプションの取引は、取り扱いを行っている業者によってペイアウト率も少しずつ違いがあります。基本的なものとしては、固定タイプと変動タイプがあります。固定のタイプの場合は、1.80~1.95倍のペイアウト率になっているものが多く、変動のタイプの場合は、1~10倍にペイアウト率が日々変動をするとされています。


最初にご紹介しますのが、ペイアウト率が低いバイナリーオプションの取引を行って、少ない利益を徐々に増やしていくという投資戦略です。24オプションで行われているHIGHLOWのように、レートの基準よりも上がるか下がるかを予測するだけのとても簡単なもので、二者択一であることから必然的に勝率は5割ということになります。

 

この場合は、ペイアウト率が2倍となっており、スマートオプションよりかは低いペイアウト率となってしまいますが、取引回数も多いことから少しずつ利益をあげていって資金を増やしていくことは十分に可能だと思います。

 

バイナリーオプションの取引に慣れてきたという方であれば、スマートオプションで行われているペイアウト倍率が変動タイプの取引戦略も挑戦してみる価値はあるでしょう。

 

ペイアウト率が変動をするタイプのバイナリーオプションでは、基準の値から予測がどれだけ離れているかということと、決済時間までの長さによって倍率が変わってくるようになっています。また、勝率が高いと予測されるものに関しては、ペイアウト倍率が低くなるようになっています。考え方としては、勝率が高いものはペイアウト率が低く、勝率が低いものはペイアウト率が高いということなのです。


変動性のペイアウト率となるバイナリーオプションの取引は、以下の4つのパターンに分かれます。

①    高倍率のペイアウトとなるものを高額で取引する
②    高倍率のペイアウトとなるものを低額で取引する
③    低倍率のペイアウトとなるものを高額で取引する
④    低倍率のペイアウトとなるものを低額で取引する



高倍率のペイアウトとなる取引は、勝率が低い取引であると言えます。ですので、逆に低倍率のペイアウトとなる取引は、勝率が高いと言えるのです。取引額が高額になると、勝ったときに手元に入ってくるお金が大きな額になるという特徴があり、逆に小額の取引額だと、勝ったとしても手元に入ってくるお金は少ないということになります。


投資を行ううえでリスクを考えることはとても大事なのですが、リスクが最も高いのは①でリスクが最も低いのが④になります。ただし、①はリスクが高い分だけリターンも多いということになり、④は逆にリスクが低い分だけリターンが少ないということにもなります。③と④に関しては、①と④の中間であることから、ミドルターンという区分けをして考えるといいでしょう。


①のような取引は、勝率が低いけれど勝ったときのリターンが高額になることから、バイナリーオプションの取引の中でもギャンブル性が高いと言えるでしょう。FXで例えるなら、ハイレバレッジで逆張りをすることと同じだと考えて下さい。


④のような取引は、勝率が高いけれど勝ったときのリターンが少ないということから、ギャンブル性が低い戦略ということになります。FXで例えるなら、低レバレッジで順張りを行うようなものだと考えて下さい。


どちらの戦略がいいのかは、取引を行う投資家の方の投資スタイルによっても変わってきます。バイナリーオプションという投資商品では、取引の戦略によって利益の出し方が違ってくるということだけ、理解をしておいて下さい。

 


All Right Reserved to: ZipangBinary.com