real estate menu left
real estate menu right
real estate company logo

バイナリーユーザー調査

一番お気に入りバイナリー取引オプションは?
 

人気投票No1

バナー

FX比較 - 海外FX業者のまとめ比較

本サイトでは、FXトレードにおける手数料やレバレッジなどの比較データを紹介しています。FXで安定して利益を確保するためには、業者選びが非常に重要。コスト性(取引手数料・スプレッド)、サービス性(スワップポイント・取引用ツールの完成度)、信用性(経営力の安定度)などの項目を詳細に分析しているので、各FX業者の特徴が一目でわかります。初心者の方でもFX口座を開設する際に大いに参考になることでしょう。


また、日本国内のFX業者だけでなく、海外のFX業者の情報も網羅しています。海外FX業者は日本人トレーダーにとってあまりなじみのない存在ですが、国内のFX業者とは比較にならないほど充実したサービスを提供している所が少なくありません。各業者の人気ランキングを確認すれば、国外の情報に疎い方でも自分のトレードスタイルに合った優良海外FX業者を見つけ出せます。

順位

海外FX

手数料

スプレッド

デモ

最少入金額

取引ツール

リンク

1.

XEマーケット(XM.com)

0

1.0 pips~

500円

MT4
ウェブトレーダー
モバイル




詳細


2.

アイフォレックス(iForex)

0

2 pips ~

1万円

FXネットトレーダー
ウェブトレーダー
モバイル




詳細


3.

FXネット(FXNet)

0

2.0 pips~

2500円

MT4
ウェブトレーダー
モバイル




詳細


 

■FXの魅力


近頃ではネットサーフィンをしていると、多くのウェブサイトでFXの話題を見かけるようになりました。「FX取引で10万円稼いだ!」などと自分の取引実績を具体的に紹介しているブログも珍しくなく、素人の方でも漠然と挑戦してみたい気分に駆られるものです。


実際、今やサラリーマンや主婦層にもFXは浸透しています。投資という言葉を聞くと、莫大な資産を持つ投資家だけが行える金融活動のようなイメージを抱かれるかもしれませんが、FXなら私たちのような一般人でも十分に参加することが可能です。FXトレードには「レバレッジ」と呼ばれるシステムがあり、例えばレバレッジ倍率が20倍ならわずか5万円の入金で100万円分もの取引を行えます。銀行に預けているだけでは年に数十円~数千円程度の利息しか期待できませんが、FXを活用すれば1ヶ月で何万円も稼ぐことが可能です。まさに理想的な資産運用といえるでしょう。

 

■FX口座


FXトレードを始めるためには、まずFX業者に自分の取引口座を開設しなければいけません。どこの会社を選ぼうと自由ですが、できれば一社に絞るのではなく複数の業者で口座を作るべきです。一つの口座しか持っていない場合、そのFX業者がメンテナンスに入ると一切FXトレードを行えなくなってしまう問題があります。


その点、複数の口座を保有していればいかなるタイミングでもFXトレードを行えますし、万一会社が倒産するような事態になってもすべての資産を失うリスクを回避できて安心です。

 

■FXのメリットとデメリット


FXは大変魅力的な資産運用ですが、時として自分の資産を大幅に損失してしまうかもしれない危険性もはらんでいます。正しい知識を身につけ、自己責任のもとでトレードを行ってください。


メリット1・少額取引

一般の方にとって貯金は生活費の一部であり、あまり多くの資産を投資に回せないのが実情です。日本円を外貨に換金して金融業者に信託する外貨預金やMMFの場合、自分の資産=最大投資額であり、あまり多くの利益を期待することができません。


その点、FXには「証拠金制度」が採用されており、少額の投資でその何倍もの外貨取引を行うことが可能です。また、コストの面でもFXは他のネットトレードよりすぐれています。最近では、外貨を売買する際にかかっていた取引手数料が完全無料となっているFX業者も少なくありません。「スプレッド(通貨の買値と売値の差額)」もトレーダーにとっては一種の手数料ですが、年々極狭化が進んでいます。


メリット2・レバレッジ

レバレッジ(英語で「てこ」の意)は、FXトレードにおける最大の魅力といっても過言ではありません。倍率が10倍に設定されているFX業者の場合、10万円の証拠金があれば最大で100万円分の外貨取引が可能となるサービスです。少ない元手でも短期間で莫大な利益を追求することができ、大変重宝します。


メリット3・自由度の高いトレードシステム

FXは「差金決済」によって利益を得るトレードです。FX初心者の方は常に外貨を安く購入する事ばかりを考えていますが、先に売りから入ることも可能です。


例えば、円/ドルの為替レートがこの先円安ドル高に傾く可能性が高いなら、まず円を売却してドルを購入し、円安が進行した後でドルを売却して円を買い戻せば儲けになります。同様に、円高ドル安に傾く可能性が高いなら、先に円を購入してドルを売却し、円高が進行した後でドルを購入して円を売却すれば儲けになります。


つまり、FXでは「安く購入して高く売る」、「高く売却して安く買い戻す」という2種類の手法が使えるため、円高円安どちらの相場でも利益を追求することができるのです。

しかもFX市場は世界規模での通貨取引ネットワークであり、24時間いつでもトレードに参加することができるという利点もあります。午前9時~午後3時頃までしか開いていない株式市場と違って、自分の好きなペースで取引を楽しめるのは本業を抱えている社会人にとって大変ありがたいことです。


デメリット1・損失のリスク

常に自分の予想通りに相場が動いてくれれば何の問題もありませんが、現実はそこまで甘くありません。もしも自分の読みと真逆に為替レートが傾いた場合、想定していた利益はたちまち損失に変わります。例えば、1ドル=100円のときに100万円分の軍資金で1万ドル購入したとしましょう。相場が円安に進んで1ドル=120円になれば、その資産は120万円の価値になり、実に20万円もの儲けになります。しかし、相場が円高に進んで1ドル=90円になれば、その資産は90万円の価値に変わり、10万円の損失になってしまいます。


この損失額は投資金額が大きければ大きいほど莫大なものになります。FX初心者ががむしゃらにレバレッジを活用して多額の取引を行うと、言葉を失うほど巨額の損失を抱えてしまうリスクがあることに注意しなければなりません。


また、FXではスワップ(取引する二通貨の金利差)によって「スワップポイント」が付帯します。金利の低い通貨を売却して金利の高い通貨を購入した場合、ポジションを保有しているだけで一定の利益をスワップポイントとして得ることができますが、その反対の場合、逆に日割りでスワップポイントを支払わなければならなくなります。

デメリット2・レバレッジ倍率

日本国内にはレバレッジ規制法というルールがあり、個人トレーダーの場合、最大で25倍までしかレバレッジを利用することができません。これは個人トレーダーの資産を守るために制定された決まりなのですが、確実に利益を狙えそうなおいしい局面でも倍率に制限をかけられるので少々厄介です。


デメリット3・依存性

株式市場の世界には「株と結婚するな」という格言があります。株式取引はれっきとした投資ですが、運の要素が絡むギャンブル性も否定できません。必要以上にのめり込むと、どんどん視野が狭くなって冷静な投資を続けられなくなってしまう危険性があります。


FXも同様。最近ではFXトレードを嗜む社会人の方も珍しくなくなりましたが、仕事中にもかかわらず自分の収支が気になって何度も市場にアクセスしてしまうほどFXにはまってしまう方も増えてしまいました。一種の依存症に陥ってしまうと、日常生活に大きな支障をもたらしてしまいます。FXに対して適度に距離をおくことも大切です。

 
FX比較 - 海外FX業者のまとめ比較 - 5.0 out of 5 based on 1 vote
ユーザの評価: / 1
悪い良い 


All Right Reserved to: ZipangBinary.com